スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
日曜日 アルモロンガ
あれ?トイレの水が流れない?
電気もつかない?
ってことは、シャワーも浴びられないし、顔も洗えない。
冷気が逃げるので、冷蔵庫も開けられないし、停電ってことはインターネットもない。

ふむ。
気を取り直してコーヒーでもと、エスプレッソポットを持って、馬鹿みたいにキッチンの蛇口をひねる。
“クシュウー、シュシューー”苦しげに空気をしぼりり出すような音・・・・。
水、ないんじゃん!!ガクッ。

静かで平和な日曜日のはずだった。ジェフ(主人)は朝から、出張。
ちょっと、イラッとしそうになるが、いいことを思いつく。“そうだ!!温泉に行こう!”
“アルモロンガ”という近くの村には温泉があるのだ。

さっそく、石鹸やらシャンプーやらをバックにつめていると、“パカッ、パカッ、パカッ”車通りも少ない日曜の朝、馬に乗った人が家の前を通り過ぎていく。 
平和だなぁ・・・。

P1020176.jpg

家を出ると、ヤギを連れた夫婦が、ミルクの訪問販売をしている。
ちょっと買いたいなぁ・・と思うが、あ、冷蔵庫に電気がないんだった。
でも、平和だなぁ・・・。


産地が玄関先に!?今まさにミルクを絞ってます。本物の産直!!
P1020179.jpg

アルモロンガは、ケツアールテナンゴ(シェラ)から20分ほどの隣村(?)。この村にはたくさんの温泉施設がある。
どこもみな、だいたい個室になっていて、グァテマラ人の家族やカップルなどが来ている。
今日は、この辺ではまあまあのSAN SILVESTREへ。
一度、まちがえて屋根続きの隣の施設に入ってしまい、とても後悔したことがある。
薄汚れ、ひびわれたセメント張りの個室と湯船。薄暗い室内、上のほうに開いた、小さな四角い穴からうっすらと光が差し込んでいる。そこは、まさに牢獄的イメージ。温かい湯につかってはみたものの、視覚から来る寒々しさに耐えられず、10分ほどで退散した。

SAN SILVESTREは、“ものすごくきれい”とはいえないが、許容範囲。
熱々でたっぷりのお湯。
ぷはーーーやっぱり湯船はいいなぁ。

ここはいつもより湯船が少し広め。それでもいつもどおりQ10
P1020180.jpg

そして帰り道。
アルモロンガの緑を眺めながら、町の中心まで10分ほど歩く。

緑の種類の多さに感動する
P1020193.jpg

小さな横道に入ると、庭先にも緑がこんもり
P1020195.jpg

結局、静かで平和な日曜日を手に入れた。
スポンサーサイト
[2013/08/11 13:00] | グアテマラ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | サンマルコス (アティトラン湖)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tabitte.blog28.fc2.com/tb.php/45-adf033e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。