スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
イカのカジノ
なぜかイカにこだわるジェフ(主人)。

イカの町について書いている、いくつかのブログをチェックしてみるが、どうもぱっとした印象がない。
ワイナリー見学のあとそのままピスコに向かおうかと思っていたが、ワインの試飲ですっかりふらふら。タクシーでそのままイカに戻ることに。
砂漠の中の町イカ。郊外には建設中のコンドミニアムが立ち並び、広場周辺の道はとても広い。タクシーやトゥクトゥクがあふれクラクションを鳴らしまくる。ストレスのある現代都市の雰囲気が少なからずある。

町をぐるっと歩いてみる。少し細い道に入るとフルーツの屋台が何台も並んでいた。9月のイカ、みかんが安い。そして夕暮れ。レストラン、カフェ、銀行や薬局、日本の小さな町サイズのネオンサインがあったりする。その中でも、ひときわきらびやかな王様の冠型電飾とブルーの巨大ネオン。広場の近くに3件の大きなカジノがあった。ああ。なぜジェフが妙にイカにこだわったか!!急に納得。

夜8時を過ぎると、カジノのテーブルゲームがオープンする。地元の男性達がルーレットのナンバーにものすごい数のチップを置いている。なんとこのルーレット、一枚のチップが0.2ソル(7セントくらい)。チップ14枚でほぼ1ドル。楽しすぎる!!50ソル(約18ドル)で250枚ものチップがもらえ、その上チップ1枚から遊ぶことができるという夢のようなルーレットなのだ。周りの地元の男性達を見ていると、ひとつのナンバーに10枚以上ものチップをどんどん積み上げ、次から次へと50ソル札で新しいチップを買っている。一回ごとに山盛りのチップがディーラーとプレーヤーの間を行ったりきたりする。みながみな一角千金狙いだ。誰が勝っているのか負けているのかよくわからない。
私は金額が小さいうえ、ちみちみ賭けるているのでまったくストレスがないのだが、周りの男性達を見ているとなんだか少しはらはらする。アルコールが進み感情の起伏が激しくなる人もちらほら・・・・。やっぱりギャンブルって・・・・。
私たちはゆるゆると3時間ほど遊び、ほぼ元金の2倍勝ち!食事も飲み物も無料のイカのカジノ。ギャンブルは特別好きじゃないけどちょっと興味があるなんてひとにはお勧めかも。
スポンサーサイト
[2011/12/01 00:17] | ペルー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<最高に美味しいペルーの食事 | ホーム | ワカチナ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tabitte.blog28.fc2.com/tb.php/36-c09295f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。