FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ついてないときに考えること (ラパス)
ボリビアに入ってからどうも調子が悪い。
ウユニの事故。顔がかぶれる。首と肩のあたりの筋が突然痛みだす。8月に入ってなぞの発熱39度が2回。クレジットカード払いをしようとして使えず、7月末日で期限切れだったことに気づく。よそ見をして歩いていたら鉄柱で顔面強打。皮膚科に行って、病院の敷地内で人がうつ伏せで死んでいるのを発見。その帰り道、銀行のATMが血まみれなのも発見。洗濯屋で新しく買った靴下が2足なくなる。良くないことは重なるというがこう立て続けだとちょっとめげる。

で、良かったラパスを写真で見よう!!

ラパス初日の朝、道路が封鎖され始めていた。それもこれも20時間にわたるパレードのため。


学生によるパレード こういう衣装を持っていることも全員が踊れることも不思議だDSCF9597.jpg



初日のホテルの朝食、お茶コーヒーと“パンケーキ食べ放題”


手も5本くらいあったら便利だよね
DSCF9599.jpg



ラパスの多面性


お金持ちモダン地区
DSCF9734.jpg



半分は外国映画や名画系を扱う映画館


ここは青山か?
DSCF9722.jpg



この映画館の横の道は


青山じゃなかった
DSCF9723.jpg



野外スタジアムをぐるっと回る


未来っぽいと思うのは私だけ?
DSCF9747.jpg



道の脇にはよく手入れされた花壇がいたるところにある


ボリビア人花壇のセンスが抜群にいい アルパカ模様なんかもあったりするDSCF0055.jpg



壁画もたくさん



かっこいい
DSCF9731.jpg



こうしてお金持ち地区から歩くこと、子一時間。私の泊まっていたホテルエリアにたどり着く。見た目だけじゃなく匂いもずいぶん違ってくる。


MILTON HOTEL 最上階にドミが格安である。1人40ボリ(2011年)、wifi、ドミの部屋はしょぼいが日当たりと眺めが格別に良く冬でも暖かい。あさごはんも卵付。エレベーターあり。ロビーにはいつでも飲み水とコカ茶が用意されている。
DSCF9825.jpg



マーケットや先住民御用達のお店たちが立ち並ぶ


バイト募集の張り紙見たんですが~・・・・。この店、チョリータ(先住民女子)募集中
DSCF0051.jpg



ここから3ブロックほど坂を上ると、ラパスの秋葉原がある。もちろん、新品を扱う店もたくさんあるが、故障品の部品を買い取り、メーカーにかかわらず規格の合うものをあわせ、組み立てなおしてしまうような店もある。ジェフの落として何も見えなくなったネットブックの液晶もここで取り替えてもらう。しかも安い!!アメリカや日本ではありえないような修理をきっちりしてくれる。侮れないボリビア。


サムソン強し
DSCF0054.jpg



ラパスの混沌は面白い


山の斜面までびっちりな家並み
DSCF9604.jpg


観光も飽きない

チョリータ(先住民女子)プロレス 一目瞭然、大きいほうが悪役です
DSCF9695.jpg



サンフランシスコ教会
DSCF9759.jpg



街角コンサート おばさん以外よれよれです
DSCF9605.jpg



かわいらしい小道
DSCF9755.jpg



月の谷 
DSCF9782.jpg



どう?意外と楽しそうかな?でもめげたまま。うらぶれた安宿で、毎日目覚めることがちょっと不満になる。いい大人なのに、つぎはぎだらけで擦り切れそうなセーターとよれよれのスカート。何でこんなボロッチイところで、古びた服ばかり着て生活してるのか?都市部に長く滞在するとこんな気持ちになってくる。

ひたすら街を歩き回る。靴の修理屋、カフェ、町中の安宿の値段、安い食堂、映画館、しゃれたレストラン、バー、ギャラリー、美術館、屋台のおばさん、どこに何があるのかどんどんインプットされていく。さらに歩き続け、さらに安くて美味しそうなカフェ、眺めのいい公園、大きな橋、バスの乗り方、水曜日の半額映画デー、火曜日の半額アイスクリームデー、坂の途中に立ち並ぶ工事中の家並み。道の名前、道と道のつながり、近道。一週間後にはきれいさっぱり役に立たなくなる情報ばかりが増えていく。
旅が移動になり移動が生活になる。これは旅なのか?旅って?

家族を持って、仕事を持って、家を持って毎日を築き上げて暮らす人生のたび。時間と行動と未来がきちんと積み重なった日々。そういった何にも変えがたい大切なものがまったくない生活。

こんな大人でちょっとがっかりするラパスの日々。



スポンサーサイト
[2011/10/20 13:17] | ボリビア | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
パンパスツアー (ルレナバケ ボリビア)
2011年8月
毛穴が温度調節の仕方を忘れている。セーターを着込んで、しんまで冷えた体に、ねっとりと熱い空気がまとわりつき、なぜか鳥肌が立つ。目の前には、かやぶき屋根とバナナの葉。生き生きとした緑があふれている。半年以上、ほぼ冬と共にアンデスを移動した南米。標高3600メートルのラパスから飛行機でたった40分。たどり着いたのはなんともじっとりしたジャングルだった。
ルレナバケ。やっぱり緑って良いなぁー暑いってサイコー!!

2泊3日のパンパスツアーに参加する。

DSCF0038.jpg


ルレナバケからジープでほこりっぽい道を3時間、たどり着いたベニ川の支流をボートでさかのぼる。この辺りはジャングルというよりも、川を挟んで低木や茂みのある湿地帯、パンパスと呼ばれているところだ。


木の幹に注目!雨季には黒っぽいところまで水に覆われる
DSCF9937.jpg


8月、雨の降らないこの季節、動物達はみな川沿いに集まってくる。ワニやカピバラはもちろん、運がよければナマケモノやアリクイも見られるそうだ。
そして今回どうしてもパンパスに来たかった理由のひとつ、カワイルカもこの川に生息している。
昔見た揚子江カワイルカの挿絵。出っ張ったでこと退化した目。似ている!!その横顔を見て、これは自分と同じ種類の生き物だ(そんなわけはないが)と、とてもうれしく思った日を思い出す。ピンクカワイルカ、揚子江ではないがここで会わないわけにはいかない。


ワニはいつも微妙にカメラ目線
DSCF9868.jpg


カピバラ家族、見にくいが手足には水かきがついている
DSCF9922.jpg


リスザル
DSC_1637 (2)


青い顔にモヒカン!ツメバケイ ヒナの時には羽から爪が生えている 完全にパンク
DSC_1711 (2)


ホエザル その名のとおりゴーゴーよくほえる 早朝不気味な声で目覚める
DSC_1914 (2)


このツアー、ボートに乗って野生動物を見るだけではなく、ひざまでの長靴を履き湿地帯を歩くアナコンダ探しや、ピラニアつり、朝日夕日観賞などいくつかのイベントがある。が、個人的に盛り上がったのはやはりドルフィンスイム。

“イルカが泳ぐところにはピラニアもワニも来ないから安全なのだ”と旅行会社やツアーのガイドは言う。そういえば、昔見た図鑑にイルカの脳にはメロン体と呼ばれるところがあり、そこから超音波を出して、泳いでいる魚を麻痺させ、えさを捕獲するというような解説を見たのを思い出す。
そういうことなのか?カワイルカ。本当にワニは来ないのか?

川の水はコーヒー牛乳色、もちろん何が中にいるかはまったくわからない。川岸にはワニがうようよ。それでもイルカの背びれを見ると川に飛び込まずにはいられない。
近くを泳いでいたはずのイルカが見えなくなる。何かが足やわき腹をつつく。イルカと信じるが、怖いよ~。そしてしばらくするとはるかかなたを泳いでいるイルカたち。
遠すぎ~。イルカ超音波はいったい何メートルまで有効なのか!?川の中のご馳走は私のみになった。
じたばたと、ボートに向かって泳ぐとガイドが“こっちじゃない。イルカのほうへ泳げ!!”と言う。馬鹿な・・・。ワニ用ビュッフェにはなりたくない。

それでもまた背びれを見ると、めげずに何度でも飛び込んでしまう私。水は気持ちいいし、天気は良いし、イルカはいるし。どきどきしたけど満足。


カワイルカの背中 ピンクっぽい?
DSCF0026.jpg


もっとそばにおいでよ
DSC_2000 (2)


埋まっている長靴に注目!この辺は浅め でも完全に“ぬかるみ”ですDSCF9928.jpg


ピラニアつり仕掛け 糸巻きが魚の形なのがかわいい
DSCF9968.jpg


大漁!! 
DSCF9969.jpg


原っぱで日の出を見た後、朝焼けの中流れに任せ河を下る
DSC_1706 (2)


動物の多さはエクアドルで行ったジャングルの比ではない。乾季のパンパスツアーはそういう意味ではとても楽しい。
が、ツアー内容は大体どの会社も一緒。いいガイドがいたという話もあまり聞かない。私たちのツアーガイドも例にもれず。きれいな鳥を発見して「あ、何あれ?」と聞くと「鳥」と答える。がっかりです。彼らの多くは旅行会社に属しているわけではなくフリーのガイド(一部の高級ツアーは除く)。申し込み客の人数が少なければ、他の旅行会社に売られるので旅行会社にこだわってもあまり意味がない。いいツアーいいガイドに当たるのは運しだいといったところ。どの会社も値段は900Bで固定。猛烈な値上げだが、ツアーやガイドの質の向上のため(ぜんぜん向上してない)ルレナバケ地域一帯で決められた値段だそうだ。そのため、ルレナバケでのディスカウントは難しい(ハイシーズンだったせいかもしれないが・・・・)ラパスでツアーの申し込みをしたカップルは、まったく同じツアーを690Bで買えたと言っていたのでラパスで買っておいたほうがお徳かも。


[2011/09/16 13:36] | ボリビア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
スクレのミニチュア祭り“アラシータス” (スクレ)
7月23、24日の土曜と日曜。
ボリビア各地からやってきた屋台が、道を埋め尽くす。

ここが屋台の始り、縦横5ブロックほど続いていく
DSC_0433 (2)


そこではいろんなもののミニチュアが売られている。一戸建て庭付きの家、車、ほうき、工事道具、赤ちゃん、ドル札、ユーロ札、ボリビア札、洗濯ばさみやペンチまで・・・全てミニである。
さらには、ネッスルのコーヒー、さば缶、プリンミックス、などなどなど・・・スーパーに並ぶ食料品のほとんども、ブランド名やパッケージがコピーされ、2センチ角くらいできれいに作られている。そのうえ米や砂糖など乾いたものは、本物が小さな袋に詰められているからすごい!!

よくできてる!!
DSCF9514.jpg


スクレのミニチュア祭り、人々は現実に自分がほしいものや、必要なもののミニチュアを買い求める。
カップルや家族連れが、ちょうど手のひらに乗るくらいの“ミニチュアの家”を大切そうに持ち歩いているのが目につく。どこの国でも家に対する夢は大きいんだなぁ~。

私達は相変わらずの旅人。平和でいい旅行を願うには“ミニスーツケース”を買うと良いと聞いていた。何百と並ぶ屋台を眺めながらぶらぶら歩いていると、子供用のおもちゃスーツケースを買い込んでいるカップルを発見。私たちもその店をのぞいてみることにした。

男性のほうはさらに“ドクターの証明書”と、“お金の詰まったミニスーツケース”も買っている。証明書には自分の名前を書き込み、それを売るおばさんは、彼の買った二つの商品を店先で焚いている香の煙にあて、ボリビアンウイスキーをふりかけながら、彼の名と願い事を唱える。
ふぅーん、ドクター志望か・・・・今年、彼の夢は叶うのかな・・・・。

そして私たちも“ミリオンダラートランク”を買う。5センチ角くらいのトランクには、いっぱいの札束と、航空券やパスポート(ボリビアのだけど・・・)ビザカードなどが詰められている。
別の店ですでに購入していた“*エケコ”と一緒に煙をかけてもらう。おばさんは「ジェフリー(主人)とみかの旅が良いものになるように・・・ごにょごにょごにょごにょ・・・・・・」と、お酒も振りかけながら唱えてくれた。

屋台通りの途中にある教会。ここで煙をかけてもらおうという人が殺到
DSC_0435.jpg

*エケコ
 
中南米で見かけるラッキーグッズ。穀物、食料、お金など(もちろんミニチュア)・・・・とにかくたくさんの荷物を担いでいる、ちょび髭ラテン顔のおじさん人形。もともとはアイマラの先住民達の間で使われていた人形だそうで、顔つきなんかも今のエケコとは違っていたらしい。毎週火曜と金曜にタバコを吸わせてあげると、富や幸運を運んでくれるという。ラパスで1月に行われるミニチュア祭りのメインはエケコなのだそうだが、スクレではエケコ抜きで、ミニチュアだけを買い求める人が多いようで、あまり見かけなかった。

一目見てエケコが大好きになってしまったジェフ。買いたてエケコ
DSC_0436 (2)


コーヒー、お金、アボガド、ツナ缶、えびなど、好物のミニチュアをかついでもらっている。これだけではまだ荷物はいっぱいになっていないのだが、毎年“アラシータス”の日に、ひとつずつ荷物を増やしていけばいいのだそうだ。さて来年の7月はいったいどこにいるのだろうか?まあ、いざとなれば“にぎり寿司消しゴム”とか買えばいいかぁ・・。
スクレでは火曜日と金曜日にコカの葉をあげてきたのだが、最近はピーナッツ、チョコレート、コカ茶などいろいろ勝手に変えている。うちのエケコは禁煙中なのだ。

旅支度完了!
DSCF9543.jpg


[2011/09/02 02:44] | ボリビア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
スクレの平和な日々
ボリビアのスクレという町に来た。

DSC_1168 (2)


これといった観光名所のないこの町。しかし物価が安く、気候と町の雰囲気がいいため(白いコロニアルな街として世界遺産に登録されている)、落ち着いてスペイン語を勉強したり、ボランティアをする旅行者が多い街でもある。
ジェフ(主人)は以前のプロジェクトの続きで子供の写真を撮り始め、いくつかの慈善団体を訪ね、そこでのイベントを記録したり、ソーシャルワーカーと一緒に町を歩いて、靴磨きや、バス清掃をする子供達を訪ねたりしている。結婚して以来初めて見るくらい毎日とても忙しそうだ。

ジェフの写真から
DSC_1566 (2)


私はといえば、スペイン語を習うでもなく、久しぶりに時間のかかるの料理(といってもカレーや餃子という普通のものだけど・・)をさらにゆっくり作ってみたり、非有効的に時間を使うコンテストでの優勝を目指すかのような日々。
そんなのろのろとした時間の中での出来事。

1、汚い靴下が、キッチンでなべに浸してあるのを発見!!
そのなべを横目にだまって普通に料理を作れるカップルにも愕然!!ジェフいわく大人なのだとか・・・そうかぁ?金髪女子スイス人旅行者の靴下。「これはやめて~!!」とあたふたしながら言うと、「沸騰させれば菌は死ぬから大丈夫。ちゃんと洗っとくから」となぜか笑顔で逆にたしなめられる風。あまりのショックにわなわなしながら「そういう問題じゃなくて、モラルの問題なんだけど」と反撃するが、「ごめん、悪いことだとは思わなかった・・・」と普通に言ってのける。最悪の女だ!!と思ったが、毎日顔を合わすので何かと話すのだが、この金髪、ものすごく非常識だがなぜかいい人。最近見た中では一番興味深い存在。

2、アボカド蜂蜜オイルパック
ボリビアにはとても大きくて(長さ15cmくらいあったりする)きれいなアボカドがたくさんある。その美味しいアボカドと蜂蜜、オリーブオイルをぐるぐると混ぜたものをべった、べったと髪につけるイギリス人女子。その上からビニール袋をかぶりそのまま寝る。翌日ぱさぱさだった金髪が光沢のある深い色の金髪に!!これは効くのかもしれない。

アボカドエキス入りとかそんなやわなものじゃない!! 朝こんな姿で登場
DSCF9485.jpgDSCF9489.jpg


3、スタビーホルダーを持ち歩くオーストラリア人
スタビーホルダーというのは、日本でも時々見かける柔らかいプラスチックの缶ホルダー。オーストラリア人はキンキンに冷えたビールが大好き、でも手が冷たいのは嫌い。ということでパーティーに行くときも旅行のときも必ずマイスタビーホルダーは忘れないのだそうだ。彼だけかもしれないけど。
そして、アーチストの彼は自分が旅した場所で必ずグラフィティーを残す。

7箇所ほど書いてました。ちゃんと持ち主に許可を取ってるそうです。
DSCF9470.jpg


4、キッコーマンと世界
今までにキッコーマンに出会えない国があっただろうか?大きな外国輸入食品を扱うようなスーパーではなく、普通のしょぼい一般のスーパーでもキッコーマンは誇り高く鎮座されている。ペルーの”味の素”が作っている醤油もあるが確実にキッコーマンのほうがおいしい。日本人からするとお味はいまいちと言われるかもしれないが、現在私の中ではキッコーマン株急上昇中。

5、のどにいいレモンしょうが
だからといってこんなに摩り下ろしてそして、そのうえ食べてしまうってどうなの!?

味見させてもらったらものすごく辛酸っぱい
DSCF9552.jpg


6、ピザの皮を投げる日本人
小麦粉を一袋買ってしまったため、なんでも粉で作れるものに挑戦!!(ボリビアの米はちょっとまずいし・・・)

やっぱりなげないと!!            皮ぱりぱり
DSC_1242 (2)DSCF9584.jpg


7、チョコレートPara ti
なぜかスクレにはチョコレート屋さんがたくさんある。その中でもダントツにおいしいPara tiのカカオ75%の板チョコ。

8、Capital CafeのTresleche(トレスレチェ 3種類のミルク味で作られたケーキ)
個人的な好みとしてはPara tiのチョコレートケーキより美味しいと思う。朝と夕方しか開いていない。夕方は地元民でめちゃ込み。PLAZA25de MAYO西側のARGENTINAをメルカド方面に向かって右手すぐ。

9、みなが「今日は墓地に行ってきた。すごくきれい。」と言う

門もとても立派
DSCF9576.jpg


どうしてもお墓がきれいというのがイメージできなくて、ずっと「へぇ~」と相槌だけうってきたのだが、あまりにも暇で散歩がてら行ってみた。今までに見たどんなお墓とも違っていて本当にきれいだった。

こんな建物みたいなタイプと
DSCF9562.jpg

小さなガラス張りの箱がビルのように連なったタイプと
DSCF9560.jpg

どちらにも花や生前好きだったもののミニチュアなどがこんな風に収められている
DSCF9564.jpg


10.宿の子供にスクレをたつ前に手作りプレゼントをもらう
よくよく数えてみると1ヶ月以上滞在してしまったスクレ。あまり実りある生活を送ったとはいえないが、なぜか宿の子供に感謝される。やたら無駄に過ごしたと思っていた時間が、誰かにとってちょっと良いことになっていたなんて、なんだか得した気分だ。

とてもゴージャス!!写真では見えないけれど結び目が子供の手作り感抜群でさらにうれしい
DSCF9761.jpg


11、La Dolce Vita
スクレでフランス人とドイツ人のカップルが経営するとても居心地のいいホステル。立地も良いし値段も手ごろ。長期割引もある。

廊下のタイルも家具もめちゃくちゃかわいい 
DSC_1335 (2)


[2011/08/11 15:42] | ボリビア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
アンデスニューイヤー (ポトシ)
アンデスニューイヤー、今年(2011年)は6月21日、日本でいう夏至の日。

DSCF9158.jpg

南半球では日照時間が一番短くなるこの日、アンデスの人々にとっては、新たな一年がはじまる。
この新年のイベント、もちろん伝統行事ではあるのだが、エボ・モラレス大統領 (任期2006年~、初のインディヘナ出身の大統領)の就任以前は、一般のボリビア人にはあまり注目されていなかった行事の一つである。そのせいか、ボリビアの若者達の姿がたくさん見られ、彼らも私たちツーリストと同じように、記念撮影で盛り上がっていた。

朝4時、暗いうちにホテルを出る。今夜みなが集まるという丘までは、徒歩40分ぐらい。途中、歩道にボリビアンウイスキーをたらし、火をつけたマッチを落とす。青々とした炎がコンクリートの上でゆれる。これもパチャママと太陽への感謝なのだそうだ。

DSCF9098.jpg

高台に向かって坂を上り始めると、太鼓の音が聞こえてくる。山の上のあちらこちらには大きな焚き火が見え、すでにたくさんの人が来ているようだ。

火を取り囲んで暖を取る人々。込み入った柄の手編みの帽子をかぶり、さらにその上からつばのついた白い帽子をかぶる、ダブル帽子の男性達、そろいのポンチョを着て楽器を威勢よくかき鳴らし、踊るおじさんたち。誰かが、ボリビアンウイスキーを焚き火に向かってふりかけると、たちまち炎は倍以上の高さになる。
人々は太陽にエネルギーを与えるため、こうして火を焚きながら歌い、踊り、日の出を待つのである。

太陽だけじゃなく人にもエネルギーを与えてくれる
DSCF9128.jpg


見よ!この刺繍、花、猫、なぞの鳥、コウモリかな・・色もデザインもすごくかわいい!!
DSCF9173.jpg


夜明け近く さらに人が増えて来ます
DSCF9182.jpg


東の空がみるみる明るくなり、太陽の気配を感じ始めると、みながそちらの方向を向いてじっと待つ。そして太陽が顔を出す瞬間、一斉に手をかざし、その恩恵を手のひらで感じる。
「ハヤイヤー!」こんな掛け声のシュプレヒコールが起こる。暗いうち、ボリビアンウイスキーを片手に、ずっと踊り続けていた酔っ払いのおばさんが何か叫ぶ。それに続いてみんな「ハヤイヤー!」
こんなやり取りを何度か繰り返し、完全に太陽の姿が現れてくると、前にいたおばさんたちは抱き合ってキスをし、みながそれぞれ新年の挨拶をはじめる。

“僕らはみんな生きている”だね
DSCF9203.jpg


ベストコーディネイト賞!!首からさげているバックはコカの葉入れ
DSCF9199.jpg


山の上までいっぱいの人、みんな太陽に感謝!!!
DSCF9205.jpg


楽器の演奏はいたるところで続いている。コカの葉を分け合ったり、ボリビアの若者達と踊ったり、おばあさんからコカの葉をいただいたり、なんとも暖かい雰囲気が続く。ボリビアの若者達もインディヘナの人々もみなが笑顔である。
日もすっかり昇り、気がつくとあたりにはたくさんの屋台が出ている。食事をするもの、どんどん酔っ払っていく人、祭りはまだまだ続くようだが、私はここでギブアップ。というか、もう満足。どうもボリビアのイベントは何かと肝臓がタフでないと最後までは付き合えないようだ。
[2011/07/22 02:16] | ボリビア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。